ハワイで日焼け止めの持ち込みが禁止!?

sunscreen-regulation




ハワイで日焼け止め規制法が成立!

ハワイ州のイゲ知事が、2018年7月3日に、
ハワイ州内での日焼け止めの販売を規制する法案に署名し
2021年1月1日から施行されることとなりました。

規制される理由は、日焼け止めに含まれる有害物質がサンゴ礁の遺伝子を傷つけ、
やがてはサンゴを死滅に追いやってしまうという調査結果が発表されたため、
ハワイのサンゴ礁を少しでも守ろうという動きなのです。

この有害物質とは、紫外線吸収剤の働きをする「オキシベンゾン」「オクチノキサート」という成分のことです。
つまり、2021年からハワイ州ではこの成分が含まれている日焼け止めの販売が禁止されることになります。

「オキシベンゾン」は昔よく使われていた成分ですが、厄介なのが、「オクチノキサート」。
日本では「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」という名前で呼ばれており
日本の日焼け止めにも多く含まれている成分です。


ハワイに行くときの日焼け止めは何を選ぶのがオススメ?

ハワイの紫外線は強烈です。
簡単に言うと、日本から南に行けば行くほど、紫外線は強くなります。
ハワイで日焼け止めをつけずに過ごすということは、紫外線が肌を傷つけ、
やがては肌の老化の原因になり、最悪皮膚がんになる可能性もあります。
そこで、強い紫外線から肌を守り、サンゴ礁にも影響の少ない日焼け止めの選びかたをご紹介します。

日焼け止めには「紫外線吸収剤」を使ったものと「紫外線散乱剤」を使ったものがある

ハワイで日焼け止めが禁止

「紫外線吸収剤」は、紫外線を肌の上で吸収し、化学反応を起こして
紫外線を肌に届かせないようにするものなので
「紫外線散乱剤」よりも肌への負担が大きくなるため、
敏感肌の人はアレルギーを起こしやすくなります。

そこで、日焼け止めを選ぶ際は、「紫外線吸収剤不使用」
「ノンケミカル」という表記のものを選ぶことをオススメします。

更に、SPF50以上、PA++++のもので、100ml以下のものであれば機内持ち込みの際にも安心です。
スプレータイプも液体とみなされてしまうので注意が必要です。

日焼け止め販売規制法の期待される効果とは?

sunscreen-regulation

この法案は、あくまでもハワイ州内で販売される日焼け止めに対しての規制にすぎません。
観光客が持ち込んだ日焼け止めまで規制するわけにもいかず、サンゴ礁を守るための対策としては
かなり不完全なものといえます。

しかし、今回この法案が可決され、ニュースに取り上げられることで、ハワイに住む人々や、
ハワイを訪れる観光客、更にはアメリカから世界の人々が、サンゴ礁を大切にする意識を持ち、
自然に優しく海を楽しむことができると良いですね。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です