ハワイ神話あり!ハワイ島キラウェア火山とは?

キラウエア火山




標高4000mを超えるマウナロアとマウナケアの2つの山が連なる
ビッグアイランドとも呼ばれるハワイ島。

多くの自然が残るこの島の東部にはキラウェア火山国立公園があります。
現在も噴火し続け、火山活動を続けるキラウェアには様々な伝説と言い伝えがあります。

ペレの怒りに触れないように

キラウェアは、ハワイに伝わる数々の神話に出てくる火の女神ペレの住む場所と言われています。

活発かつ安全な火山と言われており、立ち上る煙、吹き出す溶岩の様子からは、
壮大な地球の息吹を感じることができます。
現在も溶岩が流れ続けるハワイ島に伝わる「火山の女神ペレ」にまつわる神話が数多くあります。

ハワイの火山の女神ペレはハレマウマウ火口に住み、大変美しく、見る者を魅了しますが、
気性が荒く嫉妬深い性格だったそうです。
そして、彼女が怒るとキラウェア火山が爆発するとされています。
そのため、ハワイ島の人々はペレの怒りを鎮めようと果物や花などを火口に投げ入れてきました。

溶岩は持ち帰ってはいけません

珍しい溶岩はキラウェア火山に訪れると記念に1個持ち帰りたくなりますが、持ち帰るのは厳禁です。
ハワイ火山 国立公園から禁止されていますし、石を持ち帰るとその人や周りの人に
災いが起こると言われているので、くれぐれも持ち帰ることはやめましょう。

昔からハワイの人々はこれらのものはすべてペレのものであり、持ち帰ると不幸になると信じられているのです。
人間は、自然に飲み込まれぬよう自らをわきまえ謙虚であり続けなければならない
ということを改めて実感させてくれるような気がします。

レフアの花を摘むと・・

オヒアレフアの由来
ペレはオヒアという男性に恋をしましたが、オヒアにはレフアという恋人がいたのでペレを拒絶。
怒ったペレは、オヒアを木に変えてしまいました。
悲しみにくれるレフアを見かねた神は、レフアをオヒアの木に咲く赤い花に変えてしまいました。

これがハワイ島の島花にもなっているオヒアレフアの由来で、レフアの花を摘むと
オヒアの木から離れ離れとなって悲しむレフアが雨を降らすと言われています。

キラウェア火山に訪れる際は

キラウエア火山へ行く際に気をつけること

キラウェア火山付近は天候が不安定なので、訪れる際は必ず雨対策と防寒対策をしてください。

出発時はTシャツなど半袖で問題ありませんが、天気の移り変わりが激しく
急な雨もある為、くれぐれも防寒具を忘れずに、そしてビーチサンダルはやめ、
スニーカーやトレッキングシューズを履きましょう。

また、場所によってはガスが吹き出る場所があるので、喘息や心臓疾患の方は辛いかもしれません。
噴火口は昼間見てもそれほどはっきりと見えませんが、夜暗くなってから見に行くと
赤々と燃えさかる様子を見ることができます。
噴火口をはっきりと見たいという方は夜見に行くことをお勧めしますが、
その際も防寒は忘れないようにしてください。

火山活動の状況は予告なく変化する為、赤く流れる溶岩が必ず見えるということではありません。
これらのことを理解し、自然に従い、ペレへのリスペクトを忘れず、正しくキラウェアを楽しんでいただければと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です