カフクはガーリックシュリンプだけではない!ノースショア周辺の楽しみ方を紹介!

フミズ周辺のカフェ




プリプリガーリックシュリンプといえばカフク

ガーリックシュリンプといえばカフクです。
あなたもハワイに訪れたらガーリックシュリンプを一度は食べたいと考えるのではないでしょうか。
こちらではカフクの美味しいガーリックシュリンプのおすすめ店その周辺での楽しみ方をお伝えします。



カフクのガーリックシュリンプ<大人気3店舗>

オアフ島の北に位置するカフク

The Busだとアラモアナショッピングセンターから55番バスに乗って
2時間以上かかりますが、車だと約1時間。
バス停が多いので倍の時間かかりますが、55番バスは海沿いの道や
クアロア牧場を通るので窓の外の景色はとても綺麗です。

海が見たい人は右側、クアロア牧場が見たい人は左側に座ると良いです。

そして、その長いバス旅を後悔させないのがプリプリのカフクシュリンプ
カフクにはたくさんのガーリックシュリンプのお店がありますが、
カメハメハハイウェイ沿いにある「フミズ」「ロミーズ」「ジョバンニ」は人気店で有名ですね。

たくさんあるお店の中でどこにするか迷ったら、この3つのどれかを選べば間違いないでしょう。

  • フミズ
フミズのガーリックシュリンプ

ブルーの建物と大きなエビのデザインが目立つFUMIS(フミズ)は、
「全米で食べたいランチベスト5」に選ばれたこともある人気店。
現地でとれたエビを使ったガーリックシュリンプは他の店に比べて大ぶりでプリプリです!

  • ロミーズ

お店の前を通る度、常に行列を作っている赤い看板が目印のロミーズ
店の裏にえびの養殖地があるので、他の店よりエビが新鮮!との口コミがたくさん。
殻付きなので手でむいてもいいですが、新鮮なえびなので殻ごとかぶりついてもおいしい!

  • ジョバンニ

カフクのガーリックシュリンプ元祖であり、ハワイでガーリックシュリンプを
流行らせたお店です。
ファンが多く10年以上通い続けている人もいるほど。
ここで食べると他のお店では物足りなるかもしれません。

ガーリックシュリンプを食べに行く際は必ず手が油まみれになるので
ウェットティッシュを持参した方がいいです。

ガーリックシュリンプを食べた後は?

カフクでガーリックシュリンプを食べたその後は?

フミズから500mほど歩いたところにカラフルな建物が並ぶエリアがあります。
ガーリックシュリンプを食べた後は、せっかくなので立ち寄るとまた楽しみもいっぱいです。

そのエリアの建物は黄緑やオレンジ、イエローなどのカラフルなペイントで
施されており見ているだけで楽しめます。
まさにinstagramにポストしたくなってしまうようなフォトジェニックな場所です。

気づかないと通り過ぎてしまう程の小さなエリアではあるのですが、
バスや車の車窓から一瞬見えるそのカラフルな建物に目を惹かれます。

そこにはギャラリーや小さな雑貨店、木彫りの置物を展示・販売しているお店、
スムージーのカフェなどがあります。

  • Seaglass studio

その名の通りシーグラスを使ったアクセサリーやインテリアなどが
販売されているギャラリーです。
シーグラスで作られた美しい置物は本当に見事です。
ひとつひとつ手作りですので、あなただけのお気に入りが見つかるかもしれません。

  • The only show in Town

様々なアンティーク雑貨を取り扱うお店。
ハワイ土産をはじめ、100年ほど前のハワイの景色の写真や大量のガラスのボール、
なぜか日本人形が置いてあったり、またアンティークボトルは、
昔のコカコーラボトルなどのレアな商品がたくさん揃っています。

  • Ohana island Creation

たくさんのティキやクジラ、カメ、イルカなど見事な木彫りの彫刻が
展示販売されているOhana island creation。
表では大きな木の塊を目の前に職人が彫刻の作業をしています。
手作りとは思えないほど細くて美しい美術品は見る価値ありです。

周りには何もない本当に静かなエリアですが、カラフルな建物は見ているだけで本当に楽しくなってしまいます。
お店も個性あふれるものばかりなのでぜひ覗いてみてください。

ただ全体的にお値段は少しお高めです。。



ガーリックシュリンプを食べた後はビーチ散策へ

ノースショア周辺のビーチ

ノースショア周辺は美しいビーチがたくさんあります。
カフクでガーリックシュリンプを食べた後はそのままノースショア方面へ向かってみてはいかがでしょう?
ノースへ向かうカメハメハハイウェイ沿いには、有名なビーチがたくさん続いています。
綺麗なブルーの海に癒されませんか。

カフクからは、

サンセットビーチ

エフカイビーチパーク

シャークスコーブ

ワイメアベイビーチパーク

ラニアケアビーチ

の順に美しいビーチが続いています。

  • サンセットビーチパーク

世界的に有名なノースショアのサーフポイント。
高さ3~8mの高さのビッグウェーブが押し寄せます。
冬になると世界レベルのサーフィン大会も開催され、
多くのサーファーが訪れますが、夏の波は穏やか。
透き通った美しい海で海水浴やシュノーケリングを楽しむことができます。
その名の通りサンセットもとても綺麗です。

  • エフカイビーチパーク

エフカイビーチパークは世界的に有名なパイプラインマスターズが
行われるバンザイパイプラインがあるビーチパークです。
同じく冬になると大波が押し寄せ、一般の人たちは海に入ることはできません。
しかし、夏場は波は穏やかで地元の子供たちがサーフィンや
ボディボードをしているので、その様子を見るのも楽しいです。
チャンスがあればぜひ冬にサーフィンの大会を観に行くこともおすすめです。

  • シャークスコーブ

シュノーケルを楽しむならシャークスコーブ。
溶岩のようなゴツゴツした岩場があり、その岩と岩の間に海水が溜まっていて
シュノーケルを楽しむことができます。
ビーチいうよりは岩場になるので、必ずマリンシューズやラッシュガードを持参しましょう。
同じく冬になると高波の為にシュノーケルはできませんので夏場がおすすめです。

  • ワイメアベイビーチパーク

ワイメアベイといえば大きな岩からのジャンプ!
岩からのジャンプの様子からはよく車やバスの車窓からも見ることができます。
海はとても澄んでいて、透明度抜群の美しさ。
そしてビーチ左手にある10m程の大きな岩の上からジャンプ待ちをする人たちがたくさんいます。
勇気を出してあなたも飛び込んでみては!?

  • ラニアケアビーチ

ウミガメの遭遇率がとても高いと言われているラニアケアビーチ。
周りには岩がごろごろあって、海水浴を楽しめるビーチではありませんが、
カメを見る為に多くの観光客がいます。
カメを守るボランティアの人たちも数名いてカメに近づきすぎないように赤いロープを張ります。

ウミガメは午後にかけて甲羅干しに来る可能性が高いので、お昼以降に訪れるとよいでしょう。

どのビーチもとても美しい海があり、のんびり過ごすにはオススメですが、
冬になると大波が押し寄せるため、基本的に海に入ることはできません。
海水浴をするならぜひ冬以外に訪れてみてくださいね。

カフクはガーリックシュリンプで有名な場所ですが、
その周辺にも楽しめるポイントがところどころにあります

ホノルルとはまったく違う雰囲気のカフクで自然を満喫してみてはいかがですか?
時間がゆっくり流れてリラックスできますよ!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です