ハワイの雨季とは?ハワイは雨季も最高に楽しめる!

ハワイは雨でも観光できる




ハワイは雨季も楽しく過ごすことができる

日本にも梅雨があるようにハワイにも雨季が存在します。
水が貴重なハワイにとっては、この時期は恵みの時期ともなります。
旅行者にとってはそんな雨季がデメリットだらけと思われがちですが、ハワイは雨季も楽しめる場所なのです。

ハワイの雨季はいつ?どんな感じ?

まずはハワイの雨季についてですが、どの時期が雨季とされているのでしょうか。
日本でいう秋から冬にかけが雨季となります。

平均的にみて、ハワイは11月から3月あたりまでは雨季とされており、特に11月から12月にかけては、その中でも降水量が多く、旅行中に雨の日になることが多いと言えます。

ハワイの雨季は旅行費用が安くなる

「毎日雨なんていいことないじゃん、せっかくのハワイを楽しめないじゃん」
と思うかもしれませんが、雨季だからと言って悪いことばかりあるわけではないのです。
まずは、この時期一般的にハワイ旅行費用が安くなります。
11月や1月、2月というのは、1年を通して見てみると、旅行費用が安くなる時期です。
年末年始の時期のみは誰もがハワイに行きたがる時であり世界中にみんながこぞって出国する時期なので、高くなる傾向にありますが、全体的にこの雨季の時期は旅行費用が安くなります。

ハワイは雨季と言っても、日本の梅雨のように、1日中雨が降り続けているということは非常に珍しく、東南アジアのモンスーンのように、数時間でやむということが多いです。
ですので、旅行中ずっと雨というわけではなく、たまに雨を楽しみつつ曇り空や晴れ間も楽しめるので、雨季以外の季節よりもハワイの色々な顔が見られると思えば楽しい気持ちでハワイの雨季を過ごすことが出来るでしょう。

観光客が少なくてハワイを満喫できる

ハワイは雨でも観光できる

ハワイの雨季はローシーズンと呼ばれるシーズンで、旅行に行く人が世界的に見ても少ないのです。
もちろん、日本人観光客においても同様です。
その為、人が少なくて動きやすいというメリットがあります。
特にオンシーズンにオアフ島にいると、日本にいる感覚になるくらい、日本人が多くて嫌になる人もいると思います。
そういった人は、この時期であれば日本人がいつもよりは少ないのでゆったりとハワイを満喫できます。

涼しい時間がある

ハワイは基本的に高温多湿の場所です。
日本の夏の気候を想像していただくとわかりやすいかと思います。
しかも、乾季の時などは、日本よりも日差しがきついので肌にもキツいと感じることがあります。
ところが雨季の時であれば、雨が降っている時やその後は涼しい時間があるので過ごしやすいです。
湿気もより増えるので、肌へのダメージも少なくお肌に優しい季節ともいえます。

虹が良く見える

ハワイは雨でも楽しめる

ハワイの別名は「アロハステート」といいます。
ハワイの車のナンバープレートにも書かれており、そのバックには虹が描かれています。
一般的にハワイといえば虹というようなイメージを持っている方は少ないと思いますが、実はハワイは虹に馴染み深い一面があるのです。
雨季であれば、虹を見れる確率は高くなり、運がよければダブルレインボーを見られます。

「雨季のハワイなんて行かない」と決めている方も少なくないと思いますが、実はハワイは雨季ならではの良さもあるのです。
是非、色々な季節のハワイを堪能してみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です